適度な運動

冷え性対策としては、他にもいろいろと対策法があります。冷え性は血行不良が原因と説明しましたが、運動不足からも血行不良になることがあります。

運動不足になると筋肉の働きも鈍くなってしまいます。特にふくらはぎの筋肉が鈍くなってしまうと、足の指などの末端まで血液を送り出せなくなるので、血行不良となり冷え性になってしまいます。

ふくらはぎは第2の心臓とも呼ばれ、血液を末端までに送り出す大切な役割を担っています。冷え性を改善するためには、このふくらはぎを含めた筋肉全体を、程よく動かすことが大切です。全ての筋肉の機能が落ちてしまうと、それだけで血行不良になってしまいます。

適度な運動は血流を良くして、身体の機能を回復させる効果があります。また運動により新陳代謝が活発になることも、冷え性予防には効果があります。