冷え性の多くは女性です。

冷え性で悩んでいる人の多くは女性です。そして春夏秋冬問わず悩まされている人が多いのが特徴です。特に夏場は外は暑くなっていますが、中では冷房が効いていて非常に寒く感じている女性が多いようです。そのため夏場も冷え性を感じることが多くなります。冷えを感じることで集中力がなくなってしまい、体調を崩してしまう人も少なくありません。

例えばオフィスの冷房温度なども、冷え性の人を基準には設定されていませんので、夏場でもひざ掛けなどが欠かせない女性はとても多いです。実は冷え性に効果のある薬はありません。そのため冷え性を改善するには、冷え性の原因を特定して、自分なりに対策をしていくことが大切となります。冷え性を少しでも改善できるように、毎日の生活を送ることが大切です。

一言で言うと血行不良です。

冷え性の原因を一言で言うと血行不良です。そしてその血行不良を招いてしまうのが生活習慣の乱れです。冷え性に悩まなくてもよい身体作りをしていくためにも、まずは冷え性になりにくい身体作り、そして冷え性になりにくい生活習慣を身につけることが大切となります。

冷え性の原因となっているちょっとした生活習慣を改善していくことが、冷え性対策の近道となります。例えばスリムに見えるために女性が好んで着る細身の服ですが、この服装では身体に圧迫をかけてしまい、血行不良を引き起こしてしまいます。

そのため今着ている細身の服を変えるだけでも冷えの症状の改善につながるかもしれません。その他にはエアコンなどでも、身体の神経伝達機能が鈍くなってしまいますので、極力エアコンに当たり過ぎないようにして、温度を調節できるようであれば、調節するようにしていきましょう。

適度な運動

冷え性対策としては、他にもいろいろと対策法があります。冷え性は血行不良が原因と説明しましたが、運動不足からも血行不良になることがあります。

運動不足になると筋肉の働きも鈍くなってしまいます。特にふくらはぎの筋肉が鈍くなってしまうと、足の指などの末端まで血液を送り出せなくなるので、血行不良となり冷え性になってしまいます。

ふくらはぎは第2の心臓とも呼ばれ、血液を末端までに送り出す大切な役割を担っています。冷え性を改善するためには、このふくらはぎを含めた筋肉全体を、程よく動かすことが大切です。全ての筋肉の機能が落ちてしまうと、それだけで血行不良になってしまいます。

適度な運動は血流を良くして、身体の機能を回復させる効果があります。また運動により新陳代謝が活発になることも、冷え性予防には効果があります。

規則正しい食生活

冷え性の原因としては、栄養不足も当てはまるでしょう。冷え性対策には規則正しい食生活が欠かせません。栄養不足になると、身体はエネルギー不足になりますので、身体の機能が上手く働かなくなります。そのため身体の体温調整も上手くいかずに、冷え性が治りにくくなってしまうことがあります。

そこで冷え性を改善するために、身体を温める効果のある食物をとるようにしましょう。例えばにんじん、かぼちゃなどの野菜類、桃、さくらんぼなどの果物類、とうがらし、にんにくなどは身体を温める効果のある食物として知られています。

冷え性に効果のある、身体を温める食物を定期的に摂取することで、身体の本来持つ機能を回復することができます。もし現時点で偏った食生活を送っているのであれば、今すぐにでも偏食を改め、冷え性を改善するために食生活を意識して変えていきましょう。